• ホーム
  • ブログ
  • プロフィール
  • コンセプト
  • リンク
  • ご意見

ホーム > ブログ

2019-12-25

令和元年度三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進大会 [日記]



12月25日14:30〜奈良ロイヤルホテルにおいてタイトルにある大会が開催されました。
大会決議の抜粋です。
一、リニア中央新幹線の全線開業による経済効果を最大限発揮させる
  ため、名古屋・大阪間の工事を速やかに着工するとともに、
  一日も早い全線開業を実現すること。
一、基本計画及び整備計画に示された「三重・奈良・大阪ルート」を
  前提 とした、ルート及び駅位置を早期に確定すること。
  そのため、概略ルート及び駅の概略位置の早期公表に向けた準備を
  連携、協力して進め、環境影響評価の手続きに速やかに着手する
  こと。
一、駅位置の検討に際しては、その効果が近畿全体に及ぶ交通結節性の
  高い位置とするとともに、乗客の乗り換え利便性を十分に確保する
  こと。特にターミナル駅については、新幹線等の広域交通結節点に
  相応しい交通アクセスや周辺まちづくりに関する検討に十分な時間
  を要することから、一日も早い着工を実現するため、早い段階から
  協議・調整をすること。また、新幹線ネットワークの充実を図る
  国土交通省の地方創生回廊中央駅構想の実現に向けた調査を地元
  自治体など関係者と連携して速やかに進め、利用者利便性に配慮
  した駅の機能強化を図ること。


2019-12-25

令和2年度県政運営に関する知事への提言 [日記]



12月20日、県議会本年の最終の日13時より、三重県議会の会派「自由民主党県議団」「自民党」「旧鷹山」の代表の面々と知事に提言を行いました。特に
・防災減災ではハード対策だけではなくソフト対策も含めた総合的な防災対策の推進
・児童虐待相談件数の増加に対応するため、児童相談所の体制強化、社会的養育の更なる推進
・中小企業の計画的な事業承継準備を促進するための支援施策拡充
・公共施設の木材化など県産材の利用促進、CLTの普及促進、木材バイオマスの安定供給体制の構築
・「高等学校生徒に係る公私比率等検討部会」の提言に沿った私学への募集定員の拡大
・「三重とこわか国体」並びに「三重とこわか大会」に向けて、施設整備・受け入れ体制整備の着実な推進、県民がスポーツに親しむ機会の充実、競技力向上の取り組みの更なる充実とともに県内スポーツ力の強化
について要望をしました。


2019-11-01

三重県建設業協会 第5回災害対応訓練 [日記]



発生が危惧されている南海トラフ巨大地震や、毎年のように襲来する台風並びに近年頻発する異常気象による集中豪雨などの甚大な自然災害が発生した場合に、被災地の迅速な応急復旧活動を実施するために、三重県建設業協会の持てる機動力、組織力を遺憾なく発揮し、会員企業が連携して応急復旧活動を実施することを目的に訓練が行われた。
写真は「月の輪工法」による土嚢積み。


2016-02-08

四日市港管理組合議会の名古屋港視察 [日記]

1月28日(木)四日市港管理組合議会の視察で名古屋港を訪れた。
名古屋港管理組合議会の岡本善博議長、深谷勝彦副議長が応対いただいた。
四日市港と名古屋港は協力し合って、京浜や阪神の大規模港としのぎを削っている。が、ひとつの「伊勢湾港」という見方をする一方、名古屋港と四日市港の規模はずいぶんと差がある。港湾区域(陸域)の面積は四日市港の1,170haに対し名古屋港は4,216ha、全国1位である。四日市市域の5分の1を超える。
港湾区域に比例したコンテナヤードやバースの整備もはるかに充実している。
市民の集い・憩いの場所も整備されている。
四日市港と名古屋港は競争相手ではない。役割分担を行う「兄弟校」だと感じた。
写真は世界最大級のコンテナ輸送船とガントリーグレーン(模型)
ボーイング777の主翼の一部が名古屋港内で造られ、セントレアから
シアトルに運ぶ為の専用機(模型)








2016-01-28

防災放送設備の更新スタート!! [日記]

1月27日、磯津町公会所において、防災放送設備の完成披露会が行われた。
防災放送設備は、昭和50年当時に塩浜地区関連企業各社の支援で災害発生時の緊急連絡用として、また自治会内の連絡用として設置されましたが、設置後約40年を経過し、経年劣化が著しく使用できない地区が出てきたことから更新を進めているもので、従来の経緯から、自治会・行政・企業各社が三位一体となって進めている。
塩浜地区全体では50か所以上のスピーカー設置になるようだが、先頭をきって磯津地区の4か所が完成した。









2015-11-25

もみじ祭り(水沢町宮妻) [日記]

11月23日、第18回を数える「もみじ祭り」が開幕した。
スタートは平成10年、四日市市政100周年を記念してこの祭りが始まった。
もみじの色づきは朝夕の寒暖差が大きいと良い色になるらしく、今年は
未だ十分には色んでいない。
この場所は、「みえ森と緑の県民税」(県民の一定所得以上の方から
年間1000円いただいている)を原資にしている事業「水沢もみじ谷景観整備事業」により、きれいに整備されている。
夜のライトアップがきれい。一度訪れていただきたい。








2015-11-12

水沢地区・桜地区 社会実験運行バス [日記]

11月2日〜12月25日まで再び水沢の宮妻口と近鉄桜駅を結ぶ路線でバスの社会実験運行を行っている。
過去に一度行った実験はバス代無料、今回は地区をまたぐと400円、
同一地区内では200円の料金を徴収する。
さて、どのような実験結果がでるのか。
既存の三重交通のバス路線は東西に走っているが、実験路線は南北に走り、水沢地区住民を近鉄湯の山線へと運び、高校生の通学にも役立っていると思われる。
ずいぶん昔、水沢四ツ谷の私の祖父の家の前にバス停があった。
まさしく、水沢地区と近鉄湯の山線とを結ぶ路線だ。どのような理由で
なくなったのだろう?収支的理由なのか。

11月6日朝7:55四ツ谷発近鉄桜駅行に乗った。乗客は私以外にもう一人。
四日市西高校前で降りて行った。







2015-10-21

地域力アップ「運動会」U [日記]

地域力アップは、私の住んでいる水沢地区でもいろいろなことを試みている。
先日運動会があり、マジで走ってしまった。
近年、地域の運動会ではマジで競争することを避けてきた。怪我人を出さないためのようだ。特に、大人。
ところが、「マジ」でない競技ではおもしろくないのだろう。もちろん希望者のみだが、マジ走りのリレーを取り入れる地区が出てきた。
私もこの日は楽しめた。一日の時間が短く感じた。が、右太もも裏側と左太もも内側が痛い。軽い肉離れのようだ。
来年も、できれば同じチームででたいなぁ。

<ダウンロード>


2015-10-12

地域力アップ「運動会」 [日記]


10月11日日曜日
昔は10月10日が「体育の日」だったのが、2000年(平成12年)からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、10月の第2月曜日となっている。今年は12日が体育の日。
秋のこの時期は地域の運動会にお邪魔し、取り組みの成果を見せていただく。
この日は三つの地域の運動会に伺う予定だったが、天候の都合で二つの運動会に伺った。
私は生まれて初めての飴食い競争を経験した。白い粉に顔をつける前に、水をはった洗面器に顔を突っ込み、白い粉が付きやすくした結果がこの写真。





運動会などの取り組みの本当の成果は当日出るものではない。
全国各地で、四日市の各地域でお隣どおしとの繋がりが昔よりも希薄になってる。運動会や文化祭や餅つきや盆踊りを続けている地域は、その行事の準備や本番を通じてお隣どおしの絆を維持している。
地域の行事を続けることにより、「地域力」維持し、その地域力が孤独死を防ぎ、災害時の強力な共助に繋がっている。


2015-09-28

第33回公害犠牲者合同慰霊祭 [日記]

9月26日、四日市市営北大谷霊園内の公害犠牲者慰霊碑前において慰霊祭が執り行われた。
四日市公害は、昭和35年に磯津で生まれ、塩浜小学校に通った私にとって、まさにリアルタイムで目の当たりにした社会現象、社会問題である。
登下校はマスクをし、学校に着くやうがいをし、授業前に乾布摩擦。その後も下校までに数回のうがい。教室には空気清浄機が置かれ、運動場で遊んでいても光化学スモッグ警報により教室に戻される。こんな小学校時代を過ごした。
慰霊祭では昨年の慰霊祭以後亡くなられた公害犠牲者16名の方の合祀が行われ、合計で1032名の犠牲者が眠っており、今なお、384名の認定患者が苦しんでいると聞いた。
以前にも紹介したが、四日市公害の犠牲となり亡くなられた谷田尚子さん(当時9歳)をモデルに漫画を描いた矢田恵梨子さんも慰霊祭に参列され、製本を待つばかりの漫画も紹介された。








ページトップへ